2019/12/02

JAPAN PACK AWARDS 2019にて、「優秀賞」受賞

東洋自動機株式会社は、日本包装機械工業会が主催する「JAPAN PACK AWARDS」で、優秀賞を受賞しました。

■ 本受賞機のポイント
独自のモーションコントロールを駆使し、12工程「TT-12CR」を新規開発。開口までの工程をロ-タリーの外部で直線式にしたLTDという追加ユニットと、DDSという液充填追従システムを搭載し、従来の方法では限られた充填時間しかかけられない悩みに対し、本機では包装機本体の能力に影響することなく従来比の約8倍の充填時間まで伸ばすことが実現可能となりました。課題視されていた「泡立ち」「液はね」「液かみ」によるパウチ封入(シール)の不安材料を払拭させることに成功、既に特定の業界から高い評価を得ています。

※JAPAN PACK AWARDSは出展各社の最新の技術研究・開発の成果を新規性や独創性、安全・衛生性など多様な観点から審査し、特に優秀と認められたものに対して表彰が行われます。