2019/09/01

「製品安全自主行動指針」策定のお知らせ

東洋自動機はこの度、下記「製品安全自主行動指針」を策定致しました。
今後も安全と環境に配慮し、法令に則って参ります。

「製品安全自主行動指針」

 
東洋自動機株式会社は、
  
   ・安全と地球環境に配慮し、人と自然に優しい物づくりに挑戦する。
   ・使う人の身になって、自信ある品質(製品)を提供する。
  
との品質・環境安全方針にのっとり、製品安全の確保に向けて事業者自らが取り組むべき事項として、国が策定した自主行動指針に従い、次のとおり製品安全確保に取組みます。

  
  
1 法令遵守
    1)製品の安全に関する国内外の諸法令・安全規格および自主基準を遵守します。
    2)従業員に対して、周知徹底を図るために教育・研修を実施します。
  
2 製品安全確保のための品質保証体制の確立
    製品安全を確保するため、製品の企画から廃棄に至るライフサイクルの各段階において、適切な品質管理を行い、その向上に努めます。
  
3 製品安全設計の実現
    開発・設計段階から製品のリスクアセスメントの実施により、本質的な製品安全設計により、安全で信頼され満足して頂ける製品を提供します。
  
4 製品事故等への対応と情報の適切な提供
    1)製品の事故に関し必要と認められるときは、危害の発生・拡大防止のために、販売事業者等社外の関係者とも協力して機械の修理・部品のリコール等の処置を講じます。
    2)製品に関わる事故に対して速やかにその情報を収集出来る体制の構築に努めます。
  
5 製品安全の維持・向上
    製品安全の確保、関連法規への対応が適切に行われているかチェックする為、内部監査等の定期的チェックを行い、その実効性を確保する為、定期的に見直し改訂を行って行きます。

 

2019年9月1日
代表取締役社長 北村明義