About us

会社案内

わたしたちの
取り組み

Sustainability

充填包装機械の開発・生産をはじめとする事業の推進を通じて、東洋自動機はさまざまな課題に取り組んでいます。

廃棄される食品の削減に貢献する、
レトルト包装の技術

食品を密封包装し、加圧・加熱殺菌を施す「レトルト包装」。保存料を使わなくても、長期保存が可能になります。賞味期限が長くなれば、消費者側は食品を使いきれずに捨ててしまうことを減らせますし、食品メーカーや卸・小売業者側も売れ残りによる食品ロスを抑えられます。世界的にも関心の高い食品廃棄の問題に対して、東洋自動機はレトルト包装の技術で貢献していきます。

安全な包装を提供し、お客様のブランドを守る

「食の安全」が当たり前となった昨今、消費者の品質に対する価値観は高まり、メーカーもより安全・安心な環境で生産することが求められています。例えばシールで密封する際、熱・圧力・時間のバランスによって、パッケージの美観や接着の精度は変わります。東洋自動機は長年培ってきた技術やノウハウで安全な包装を提供し、お客様のブランド向上やリスク対策をサポートします。

自然と共存できる環境への取り組み

生産拠点である岩国工場では、屋上に太陽光発電システムを設置しています。自然エネルギーの有効活用や環境負荷の低減を図り、自然や社会と共存できる事業の継続をめざしています。