商品の価値を高めるパウチの特徴

給袋包装機に欠かせないのがパウチです。
素材はアルミニウム、プラスチックフィルム、蒸着フィルムなどで、
複合材料となっているものも多く、フィルムの厚さや素材によりシールの温度など諸条件が変わります。
更に袋を専門で作る製袋機で作られたパウチは、
袋自体に利便性などを追求した「付加価値」のあるパウチであり、
更にお客様の製品価値を高めることに貢献します。

「袋の付加価値」密封性、再封性、利便性、資源の節約、デザイン性

バリエーション豊富なパウチの種類

充填物や用途、特徴に合わせて、様々な袋があります。
給袋包装機で扱われる代表的な袋の種類をご紹介します。
※袋の形状は主要例になりますので、下記袋以外もお問い合わせください。

  • 平・自立

    多くの製品で使われている基本的な形状です。平面的な平袋と、袋の底が広がる自立袋があります。

  • センタースパウト(ガセット)

    袋上部の中央にスパウトがついており、袋の左右にマチがある袋です。ゼリー飲料などに多く使われています。

  • 異型

    用途に合わせて様々な形状になっている袋です。デザイン性や利便性を高めることができます。

  • センタースパウト(平自立)

    袋上部の中央にスパウトがついた自立する袋です。食品からトイレタリー用品まで幅広く使われています。

  • ツイン

    真ん中にミシン目が入っている袋で、2個口に分けることができ、同一製品もしくは別製品を左右の袋に充填することができます。平タイプと自立タイプがあります。

  • コーナースパウト

    袋上部の角にスパウトがついている袋です。角にスパウトがついているので、注ぐ動作に適しています。

  • ガセット(シングルレイヤー)

    袋の底が四角く広がり、袋の左右にマチがある袋です。底が広いので安定して自立します。

  • リンガー

    リンガーで封をする包装です。ナイロンポリ袋がよく使われます。

  • ガセット(ダブルレイヤー)

    袋の底が四角く広がり、上部にも折込が入っている袋です。容量を最大限に利用することができます。

  • トレイ

    プラスチック製容器の上部をフィルムでシールする包装です。